派遣社員の女性と人材コーディネーターの私との不倫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女との不倫が始まったときには

私は、派遣会社で人材コーディネーターをしている32歳の男です。人材コーディネーターという仕事は、派遣社員として働きたいと思っている人とクライアントである企業とのマッチングをコーディネートする仕事です。企業が要求する人材を自分が管理する人材から選んで推薦するという事が多いです。このような仕事なので、自分の管理する人材とは、蜜に連絡を取り合うことが多く、時には恋愛に発展してしまうこともあります。自分が管理する人材の中には、結婚している女性も多く、連絡を取り合っていると気を許してしまうのか、プライベートな話までしてくるような人もいます。

そのような中に裕子さん(仮名)という女性がいました。裕子さんは、24歳で大学を卒業してから、大学時代からお付き合いしていた今の旦那さんと結婚しました。それから資格を持っている英語や、簿記などを生かして派遣社員として、私の勤める会社に登録していただいています。裕子さんはクライアントの評判も良く、継続して派遣させて欲しいという要請が多かったのですが、彼女はストレスを抱えるほうらしく、派遣の期限を終えると次の職場に移りたいというように相談されていました。そのように派遣先を頻繁に変えるので、私は裕子さんとは、他の派遣社員さんよりも頻繁に電話やメールで連絡を取るようになっていましたし、実際に外で二人で会う機会も多くなっていました。ある日、いつものように喫茶店で待ち合わせて、打合せをしていましたが、裕子さんはいつもより元気がない様子でした。プライベートなことなので、気にはなったのですがこちらからは尋ねなかったのですが、裕子さん本人から話し始めました。

主に旦那さんに対する愚痴なのですが、内容としては、旦那さんは飲食店勤務なので、裕子さんとは生活のリズムが合わず、すれ違いの日々でセックスレスであること。それから、旦那さんの職場には女性が多く。旦那さんの職場での地位を考えると浮気していそうなこと。旦那さんの携帯電話を覗いてしまって浮気していることを確信したこと。などを赤裸々に語りました。実は、私は裕子さんを初めて見た時から、狙っていました。ただ、人のお嫁さんであるので、やはり、躊躇していましたが、旦那さんとの不仲を見せられては、もう歯止めが利かなくなってしまい、そのあと、ストレス発散をしましょうといって食事に誘いました。裕子さんは、今日は旦那さんは仕事で家には帰ってこないのでOKを出してくれたので、二人で食事に行くことになりました。

彼女との不倫の思い出と不倫の終わり

裕子さんと私は、連れ立って歩きお店を探しました。裕子さんは、今日はお酒が飲みたいので居酒屋にいきたい、ということなので、新宿の居酒屋に入りました。まずは、ビールで乾杯をして、サワーやらカクテルを飲んで、二人とも良い加減に酔ってきました。その居酒屋は個室で掘り炬燵でした。裕子さんは酔っぱらっているので、段々と体も顔も近づけて話すようになってきます。酔っぱらってきたので、少しエッチな話題や昔の彼女の話、裕子さんの経験人数などの話題をしていました。裕子さんは、今の旦那さんが二人目の男性経験で意外と真面目なことをアピールしていました。さらに裕子さんは酔っぱらってきて、炬燵の下で私の太ももを撫でながら、誘うようになってきました。

ある意味、私は、裕子さんと二人で飲みに行くって決まった時点で裕子さんと関係を持ちたいと思っていたので、ストレートに今日は朝まで一緒にいたい、という事を伝えました。裕子さんの答えも、同じでした。居酒屋を出るとホテル街を二人でうろつき、外人娼婦の合間を縫って、ホテルにチェックインしました。そして、二人で、初めて朝まで愛し合いました。それから、二人の関係は、より深く親密になっていきました。当然、会う回数も増え、僅かな時間が出来ると彼女から誘いがあるので二人で愛し合いました。彼女の家に招かれて、旦那さんと寝ているベッドで愛し合う事もありましたし、私の家に裕子さんが来てくれて、料理を作ってくれて、まるで新婚夫婦だね、なんて言って笑い合う事もありました。

そんな関係が一年弱、だらだらと続いていました。ある日、裕子さんは、旦那さんと別れたい、と私に言いました。そして、私と結婚したい、とも言いました。正直、私は、そこまでは考えていませんでした。裕子さんとの仲は、自分の中では、遊び、火遊び、スリルを味わいたいだけでした。答えに困っていると、裕子さんは、すでに旦那さんに離婚届にサインをして渡してきた、と言いました。私は、その日は、何とか理由をつけて答えをはぐらかしました。数日後、裕子さんと私は、また二人で会いました。裕子さんは、私と会うなり、旦那さんが離婚届にサインしてくれたこと、もう正式に離婚することが決まったことを私に告げました。裕子さんの旦那さんには、二人の関係はバレていないことも付け加えて説明してくれました。私も裕子さんから離婚の話を聞かされてから数日間、考えていて、二人の不倫関係は清算するべきだと感じていたので別れを告げました。裕子さんは、泣いてしまい、その数日後派遣会社との契約も解除していました。その後、彼女とは会っていません。

2017年下半期で最もよく読まれた記事

普通の主婦が出会いを求めて出会い系サイトに押し寄せているというお話
割り切りな関係で楽しむ大人の不倫事情
【2018年5月】既婚者の出会いの場は不倫サイト!?不倫の出会いを探せる最新おすすめサイトまとめ

PCMAXがおすすめな理由

最近は出会いアプリや婚活アプリなどいろんなアプリが始まっているが、なんと言ってもダントツで人気なのはPCMAXだ。そもそもPCMAXは10年以上前から運営しているサイトで会員数、アクティブユーザー数が圧倒的に多いのが特徴だ。

また新規ユーザー登録数も1日に3千人とも4千人とも言われている。毎日凄い勢いでユーザーが増えている超お化けサイトだ。こんなすごい勢いで新規ユーザーが増え続けているのはPCMAXぐらいだろう。たとえ地方都市であっても、圧倒的な会員数がいるため、地方住みのユーザーにとってもがっかりすることはない。

彼氏を彼女を探すにしても、不倫相手を探すにしても、ワンナイトラブの相手を探すにしてもPCMAXにはあらゆるタイプのユーザーが登録しているので、まずはだまされたと思って試してみると良いだろう。

新規登録が面倒くさい人は、YahooやGmail、facebookなどのアカウントでもログインできるので、一度覗いてみてはどうだろうか。

SNSでログイン

とにかく簡単に相手を探すことができることを約束しよう!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*