私が過去に寂しさから不倫をしてしまった体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寂しくて、不倫に走ってしまった経緯とは

私は昔不倫をした事があります。では、その時の体験談を紹介したいと思います。当時、結婚して5年くらいでした。私は子どもはおらず、パートとして働いていました。夫は出張が多くて家に一人でいることが多くてとても寂しい思いをしました。私は遠いところから嫁いできたので友達も家族も近くにいなくてとても孤独でした。そのことを夫に伝えても、あまり親身には考えてくれず、不満がつのっていきました。さらに、夫が休みのときにどこかに行きたいといっても「疲れている」といって相手にしてくれなかったり、どこかへ出かけていってしまうので、ますます不満が溜まっていきました。

結婚する前はとてもマメだった夫が結婚してからは変わってしまって、結婚しても孤独な毎日でした。夫の地元の近くに住んでいるので、夫は友達と会うことができ私の気持ちなんて理解してくれませんでした。そんな寂しい毎日が続き不満がたまっていたとき、私のパート先であるバイトの男の子が入ってきました。そして、私はその子の教育係りを任せれることになり、その男の子と会うことが多くなりました。その男の子は5歳年下で大学生の子でした。とてもいい子で人懐っこくてすぐに仲良くなりました。そして、ほぼ毎日会うようになって、私たちはどんどん仲良くなり、私の家庭の愚痴まで言うようになりました。その男の子も大学生活の話や彼女の事を話してくれたので、毎日同じ繰り返しだったパートがとても楽しいものになりました。毎日、パートに出かけることだけが私の楽しみになりました。

そして、あるときその男の子が彼女の振られてととても辛そうに私に相談してきました。私は、なんとか慰めようと話を聞いたりしていました。そして、夫が出張で数日家にいないため、その男の子と仕事帰りにご飯を食べに行く事にしました。パートは毎日バスで通っているので、お酒を飲みにいくことにしました。私も彼も初めてご飯を食べてお酒も飲んで楽しい時間を過ごす事になりました。そして、私はすごく酔っ払ってしまいで彼に「寂しい」とずっと愚痴を言っていました。そしたら、彼は「じゃあ、ホテルに行く?」と声をかけてきました。私は最初は驚いていたのですが、酔っ払っていたので正常な判断が出来ずにその彼とホテルに行ってしまいました。そして、そのまま朝を迎えてしまいました。朝起きて初めて事の大きさを理解しました。私はそのときの事は忘れようと心に気めたのですが、彼が「もし、良かったら付き合ってほしい」と言ってきました。私は寂しかったのもあり、嬉しくて「いいよ」と返事をしてしまいました。それから私の不倫が始まっていきました。

不倫をしたから寂しさが癒えて今、幸せに暮らす事が出来た

それから、私はパートに行って彼に会い、その後デートをしたりして彼との不倫を楽しんでいました。彼に会うまでは毎日寂しいばかりだったのですが、彼と付き合うようになってから寂しさはどこかへ行ってしまいました。もちろん自分がしていることの大きさは分かっていたのですが、寂しい気持ちが強くて彼を拒む事は出来ませんでした。それに実際に彼と付き合っているのが楽しくて仕方がありませんでした。そして、日に日に彼のことが私の中で大きくなっていき、最初は弟のような気持ちで接していたのですが、本当に好きになって行きました。私は夫への寂しさはどこかへ行ってしまい、毎日楽しくて仕方がありません。もちろん仕事ばかりの夫は私が不倫しているなんてこれっぽっちも思っていません。

夫が仕事ばかりのおかげでまったく気づかずにすみました。そして、彼とはほぼ毎日会い、夫が出張のときは泊まりでデートをしてという日々が続きました。夫と別れる事を考えたのですが、夫はお給料が良い方だったので今の生活を捨てることが出来ませんでした。また、彼の方も特に夫と別れて欲しいという事をいう事はなく、私たちの関係に触れては来なかったので、そのままでいいやと思っていました。そのまま1年彼との付き合いが続きました。そして、その後私にある出来事が起こったのです。

それはなんと夫との子どもを妊娠した事でした。彼とも関係があったのですが、彼とはしっかりと避妊をしていたので、妊娠する事はまずありませんでした。そして、産もうか悩んだのですが、やっぱり出来てしまった命は大切にしたいと思ったので産むことにしました。そして、彼には正直に話をして別れを切り出す事にしました。そして、彼はなんと本命の彼女がいたようで、あっさりと別れをOKしました。私は最初びっくりしたのですが、自分も人のことが言えなかったので特に彼を責めたりはしませんでした。少しショックだったのですが、今ある命を守らなければいけないと思っていたので、そこまで引きずることはなかったです。夫に妊娠したということを言ったら、すごく喜んでくれました。そして、今その子が産まれて育児に追われています。夫も子どもが産まれてからは家庭の方を向いてくれたので今は寂しいとかはありません。もちろん夫は私の不倫を今でも知らないのですが、私もいい思い出として墓まで持っていこうと思っています。そして、彼とは今でもたまに近況報告などをして友人として付き合っています。不倫をして良かった事は寂しさがまぎれたことです。私の場合は悪かったことは特になく、唯一夫に最大の秘密が出来てしまったので、たまに罪悪感が湧くことくらいです。不倫を応援するわけではないのですが、あのとき、不倫していたから、寂しさが癒えて今の私があると思っているので私の人生の中では必要な出来事だと思っています。

2017年下半期で最もよく読まれた記事

普通の主婦が出会いを求めて出会い系サイトに押し寄せているというお話
割り切りな関係で楽しむ大人の不倫事情
【2017年12月】不倫サイトとして最もよく利用されている本当のおすすめまとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*