不倫相手は母と同い年。成り行きで禁断の関係に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母と同じ年の女性との出会い。最初は女性として意識してなかったけど…仕事と育児に追われ余裕の無い生活。そんな中、1人の女性と仲良くなり…

私は38歳で高齢者施設の介護職員をしています。

家族は34歳の妻と3歳の娘、1歳の息子がいます。

結婚して7年、私の稼ぎが少ない為、夫婦共働きの生活。

2人の子供の世話に追われ、仕事から帰ると家事と育児を夫婦で負担し、気が付いたら夜11時。

休みの日は仕事に行くよりも辛く、子供の世話で休憩する間もないほどでした。

職場にいても家に帰っても仕事仕事。

趣味のテレビゲームやテニスなども行う余裕が無く、1日の中で息を抜く暇がありません。

妻はどうかというと、女性なのでママ友が多く、休みの日は私に子供を預けて遊びに行く事もあり、適度に息抜きは出来ている様子。

その事に関しては特に不満はなく、女性だから仕方がないかなと感じていました。

そんなある日、通勤電車の中で施設で勤務する用務員の女性と電車が一緒だった事に気付きました。

その女性は1ヶ月前に入職してきた女性で年齢は62歳。

私の母親と同じ年なのにスレンダーで綺麗な顔立ちの方でした。

私は女性と話をするのが苦手な方だったのですが、母親と同じ年の方なら気軽に話せるかなと思い、私から話しかけてみる事にしました。

女性は見た目だけでなく性格も良く、笑顔で明るく話しをしてくれました。

話し下手の私にもちゃんと話しを合わせてくれて、母親と言うよりもクラブのママと言った感覚。

元々年下好きだったので異性としての意識はなく、女性と仲良く話しをすることに対しては全くありませんでした。

最初は仕事の話が中心だったのですが、その内プライベートの内容に及ぶ事も。

しかしプライベートの内容は私の話が中心で、妻の事や子育ての悩みなどを聞いてもらっていました。

女性のプライベートも聞いてみようと話を振った事がありましたが、何故かいつもはぐらかされている感じがありました。

何か言いにくい事情があるのかもしれないと気を使い、あまり深くは追求しませんでした。

徐々に女性とは母と息子のような関係になり、通勤電車内だけでなく、職場でも気軽に話をするようになり、家族よりも会話をする量が多くなっていました。

女性と話しているだけで日頃のストレスが少し軽減している事に気付き、毎日仕事に行くのが楽しみになりました。

その内、帰りの電車も女性の時間に合わせるようになり、親密さはドンドン深まって行きました。

最初は女性として見ていなかった私ですが、彼女の人柄に惹かれ、心の奥底で深い関係になってもいいかもと思うようになりました。

成り行きで、一線を超えてしまう事に

知ってしまった彼女の背景。成り行きで超えてはいけない線を超えてしまった

そんなある日、職場の同僚から野球のチケットが3枚あり、後枚余っているから行かないかと誘われました。

私はその試合が行われるチームのファンだったので快諾。

もう1人行く人を探しましたが、みんな仕事や野球に興味がないと言う理由で断られてしまいました。

それならと用務員の女性はどうかと声を掛けると、野球に興味は無いけどどんなのか行ってみたいとと事で一緒に行く事になりました。

土曜日のデイゲームで試合は6時ごろに終了。

試合後、3人で飲みに行こうと誘いましたが、野球に誘ってくれた男性は用事があるからと帰ってしまいました。

その為、女性と私の2人で飲みに行く事になりました。

球場から電車で移動し、繁華街の居酒屋へ移動。

たまたま入った居酒屋さんは個室で狙ったわけでは無かったのですが、2人きりの空間が出来てしまいました。

いつも電車内で話をしていたので、親密度は高く、お酒も入っていたので話は大盛り上がり。

そして話は今まで触れてこなかった女性のプライベートに及びました。

てっきり家族がいらものと思っていましたが、20年前に夫を亡くし、それから未亡人のまま現在に至っているとの事。

夫婦の間に子供はおらずずっと1人で生きてきたとの事でした。

話を聞いていると女性の目から涙が溢れ、その瞬間私は女性を抱きしめてしまいました。

女性はビックリした様子でしたが、嫌がる事なく、そのまま流れに身を任せてキスをしてしまいました。

その後、居酒屋を出て2人とも何も語らず道中のラブホテルへ。

成り行きとは言え、人生初の不倫をしてしまいました。

女性は私に家族がいる事を考慮し、その日は行為を終えるとすぐに帰る事にしました。

その後、最初の内は少しよそよそしかったのですが時間が経つに連れ、いつもの同じように話すようになりました。

私は彼女にすっかりハマってしまい、彼女の方も割り切った関係でもいいとの事で、その後も妻が帰省したり、内緒で仕事を半休にしたりして女性の家で合うようになりました。

肉体関係を済ませると怪しまれないようすぐに帰宅。

不倫はいけない事だとは思っていますが、人生って良いもんだと思えるようになり、毎日の生活に生き甲斐を感じる事が出来るようになりました。

妻にこの状況がバレれば地に落ちる事は分かっていながら、快楽を楽しむにはある程度のリスクが付きまとうと自分に言い聞かせています。

そして現在も彼女との不倫関係は続いており、スリルのある生活を逆に楽しんでいます。

2017年下半期で最もよく読まれた記事

普通の主婦が出会いを求めて出会い系サイトに押し寄せているというお話
割り切りな関係で楽しむ大人の不倫事情
【2018年5月】既婚者の出会いの場は不倫サイト!?不倫の出会いを探せる最新おすすめサイトまとめ

PCMAXがおすすめな理由

最近は出会いアプリや婚活アプリなどいろんなアプリが始まっているが、なんと言ってもダントツで人気なのはPCMAXだ。そもそもPCMAXは10年以上前から運営しているサイトで会員数、アクティブユーザー数が圧倒的に多いのが特徴だ。

また新規ユーザー登録数も1日に3千人とも4千人とも言われている。毎日凄い勢いでユーザーが増えている超お化けサイトだ。こんなすごい勢いで新規ユーザーが増え続けているのはPCMAXぐらいだろう。たとえ地方都市であっても、圧倒的な会員数がいるため、地方住みのユーザーにとってもがっかりすることはない。

彼氏を彼女を探すにしても、不倫相手を探すにしても、ワンナイトラブの相手を探すにしてもPCMAXにはあらゆるタイプのユーザーが登録しているので、まずはだまされたと思って試してみると良いだろう。

新規登録が面倒くさい人は、YahooやGmail、facebookなどのアカウントでもログインできるので、一度覗いてみてはどうだろうか。

SNSでログイン

とにかく簡単に相手を探すことができることを約束しよう!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*