パートに来たx1女性の愚痴を聞いてるうちに不倫関係に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は45歳の既婚男性です。

以前スーパーに正社員で勤務していた時、バイトに来たx1女性A子と不倫関係になった時の体験談です。

不倫当時の私の生活環境ついて

当時私は30代半ばでスーパーで社員として勤務していました。

妻は10歳年下で医療事務勤務、子供はおらず共働きでした。

お互いの親と年に数回会う程度で、同居はしていません。

妻は個人クリニックで勤務しており、木・土は半ドン、休日は日・祝のみでした。

私の休みは大体平日です。

一応土日のどちらか休みたかったんですけど、接客という仕事柄あまり休めませんでした。

平日に休みがあっても、妻と一緒に過ごせるのは木曜だけ。

木曜以外の休日は私一人で時間を持て余すことが多く、妻とはすれ違いの日々を送ってました。

こんな時、職場のパートにx1女性A子がやってきました。

車を持っていないA子を送る時に不倫関係へと発展

A子の年齢は30代前半で離婚したばかりです。

お子さんはいてるけど、元旦那側が親権を持ってるとのこと。

離婚原因は旦那側有責だったようですが、生活基盤の安定さから元旦那が子供を引き取ったようです。

結婚から離婚まで義理祖母の介護や経済DVで相当精神が参ってたようで、色々愚痴を聞かされました。

私の勤務が早番時の終業時間とA子の終業時間が同じだったこともあり、事務所で10分ほど雑談してから帰宅してました。

そして親睦を深めていきました。

この頃、不倫は考えてませんでした。

しかし年末の忘年会に行った時、A子を自宅まで送り届けることとなりました。

私は下戸なのでお酒を飲んでなかったのと、帰る方向が同じだったので送っていってやれという感じになったんです。

A子を自宅まで送り届けた時、暖かい飲み物でもいれるからと自宅に誘われて関係を持ちました。

この時A子は酔っていて身振りから色気を感じましたし、普段と違う露出度の高い服装(普段は通勤用の地味な服装)にそそられてしまったんです。

この一回キリで終われれば良かったんですが、平日の休みは一人きりになってることが多い私です。

寂しさを紛らわせる為、妻以外の女性と関係を持つ楽しさから不倫関係を継続させてしまいました。

自己主張の強くなったA子にウンザリ

A子と不倫関係になったとはいえ、妻を捨ててA子と付き合いたいというわけではありません。

本命なのは妻ですし、A子は欲求不満解消相手として付き合いたかったんです。

まあ都合良過ぎると思われるでしょうが、素直な私の気持ちです。

ただA子はそんな都合の良い女を演じるつもりはサラサラなかったようです。

平日の休日が重なると私とA子二人でドライブデートをしたんですが、車内にお土産を残すようになったんですよね。

お土産というのは、ピアスの片方を落としたり、カーエアコン用の消臭剤を買ってきたりとかです。

妻への挑戦状みたいな感じでしょうかね。

このお土産で私と妻の関係が悪くなれば、略奪のチャンス!と考えたのかもしれません。

これはマズイなと感じたので、A子と話し合って不倫関係を切るようにしました。

もし妻に関係がばれれば慰謝料請求されることを説明すると、手切れ金とかは要求されずにすみました。

A子はパートを辞めましたし、今は連絡を一切とってません。

もちろん妻はこの不倫関係について何も知らない状態です。

不倫をしたことで妻との関係は良好に

不倫をしたことで良かったのは、夫婦関係が良好になったことです。

普通は逆だろうって思うかもしれませんが、私の場合本命は妻です。

妻には悪いことをしてるなという想いが強くなったんですよね。

その結果、妻に優しく接するようになりましたし、たまに妻に上げ膳据え膳で接して完全休日を作ってあげたりもしました。

また物理的な面でも変わりました。

不倫をしてると気になるのが体臭ケアです。

以前は体臭ケアってズボラだったんですけど、残り香で不倫発覚とかよくある話ですからね。

おかげで妻からは最近良い匂いがするねと言われたり、妻の方から引っ付いてくるようになりました。

こんな感じで妻と接するようになったので、妻から惚れ直されたというか、夫婦関係は良くなりました。

2017年下半期で最もよく読まれた記事

普通の主婦が出会いを求めて出会い系サイトに押し寄せているというお話
割り切りな関係で楽しむ大人の不倫事情
【2017年12月】不倫サイトとして最もよく利用されている本当のおすすめまとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*