女性が既婚男性を落とす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既婚者の男ばかり好きになる・・・世の中にはそんな人も居ますが、好んで既婚者ばかりを狙って付き合う独身女性もいます。そんな独身女性は何を思って、既婚者の男性ばかりを狙うのでしょうか?

その理由はは独身女性ならではの狙いがあるのかも知れませんが、既婚男性からしたらラッキーとしか言えないのかも知れませんね。

独身女性が既婚者を狙うワケ

既婚者ばかりを狙うのはズバリ、結婚を考えていないからです。結婚を考えるとどうしても保守的な男、浮気しない男、真面目な男ばかりになってしまいますが、恋愛だけで終わらせて美味しい所だけ持って行こうと思うと既婚者がベストなのです。

既婚者なら、イチイチ自分の行動もおさえようとしないし、優しい所もずっと見せてくれる。けど、結婚してしまうと行動を管理しようとしたり、扱いが雑になってしまったりしてきますから本能的に「お姫様」扱いしてくれて、結婚をにおわせない既婚者と付き合うことで「自由」を維持できると考えるからです。

どんな既婚者を独身女性が狙うか!?

独身女性に狙われる既婚男性というと、男としてはかなり嬉しいことですよね!しかし、当然ですが誰でも良い訳ではありません。独身女性が既婚者男性を狙うのには「顔」「金」「やさしさ」などがあげられます。当然既婚者男性なら、自分よりも年上を狙いますからスマートでカッコイイ男性、つまりはモテる男を狙います。だってそうですよね?どうせ既婚者なら、モテる男を落としたい。女性にもそんな本能があります。

そして、結婚する気はないので絶対にケチな男は選びません。自分にお金を使ってくれる男が大好きです。割り切りといえば、そこまでですが同じようにモテる独身男性と付き合うと、当然のように「浮気」が付きまとい精神的にも疲労してしまうからです。その点はじめから結婚していると、自分が浮気・・・と女心が納得できるからです。所詮は人の物だからです。既婚者でモテる、スマートな男なら大人の恋愛を存分に楽しめますからね。練習ではなく、あらかじめ酸いも甘いも?み分けた人との恋愛は甘美です!

既婚者の男性を落とすポイントは、甘える、肌を出す、触れるの三大鉄則があります。よそで浮気したい男性は、女性らしい人を求めるので「女子力」を前面に出せばいいのです。気があるそぶりを見せたら、すぐに引っ掛かる男性ならきっとスマートに浮気が進みます。反対に、こんなことダメだ!という人は別れ際の往生際が悪いので、さっと引くようにしています。

どうせなら、人生を楽しみたい!

今までに不倫をした事が無いという人も居ますが、美味しい所だけ取れるならその方がお得です。何事も経験しておく方がいいと考える人は、思う存分に不倫を楽しんでいます。相手の気持ちも、自分の気持ちも、奥さんの気持ちも理解できるようになります。

せっかく生まれたからには、楽しい思いもしないと勿体ないですからね。それに既婚者の方が夜のデートもスマートに行えますから自分の成長という意味でもメリットがありますよ。

まとめ

世間一般では既婚者と付き合う女性が悪いように言われますが、みんな結構一度や二度の不倫は経験済みです。
なぜ、周りでは耳にしないかというと、それは女性がみんな「嘘つき」だからなのかも知れませんよ!

2017年下半期で最もよく読まれた記事

普通の主婦が出会いを求めて出会い系サイトに押し寄せているというお話
割り切りな関係で楽しむ大人の不倫事情
【2018年5月】既婚者の出会いの場は不倫サイト!?不倫の出会いを探せる最新おすすめサイトまとめ

PCMAXがおすすめな理由

最近は出会いアプリや婚活アプリなどいろんなアプリが始まっているが、なんと言ってもダントツで人気なのはPCMAXだ。そもそもPCMAXは10年以上前から運営しているサイトで会員数、アクティブユーザー数が圧倒的に多いのが特徴だ。

また新規ユーザー登録数も1日に3千人とも4千人とも言われている。毎日凄い勢いでユーザーが増えている超お化けサイトだ。こんなすごい勢いで新規ユーザーが増え続けているのはPCMAXぐらいだろう。たとえ地方都市であっても、圧倒的な会員数がいるため、地方住みのユーザーにとってもがっかりすることはない。

彼氏を彼女を探すにしても、不倫相手を探すにしても、ワンナイトラブの相手を探すにしてもPCMAXにはあらゆるタイプのユーザーが登録しているので、まずはだまされたと思って試してみると良いだろう。

新規登録が面倒くさい人は、YahooやGmail、facebookなどのアカウントでもログインできるので、一度覗いてみてはどうだろうか。

SNSでログイン

とにかく簡単に相手を探すことができることを約束しよう!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*