結婚しても孤独・・・淋しさを分け合う穏やかな関係

退屈で淋しい新婚生活

現在36歳の主婦です。

実は今の夫は2人目で再婚です。23歳で大学時代の同級生と結婚し、26歳のときに離婚しました。

早くに結婚した理由は遠距離恋愛だったためで、私が働いていた会社が倒産したので彼と一緒に暮らし始める決心をしました。

彼の勤務地は広島の郊外で東京生まれ、東京育ちの私にとっては異次元の世界でした。

夕方の5時には町はひっそりと静まり返ってしまい、それまでの生活とのギャップが激しかったです。

もちろん友達もいないので何もすることがなく一日中家で夫の帰りを待っていました。

夫の仕事は忙しく平日は帰宅が23時、土曜日もほとんどが出勤でした。

長期連休も直前まで取れるか分らず旅行や帰省の計画ができなくてイライラしました。

時間をただムダに使っているような気がして結婚して2ヵ月後には毎日がつまらなくなっていました。

仕事を始めて生活にハリが

夫の給料だけで十分に生活はできましたが毎日家にこもるのが嫌になってしまい仕事を探すことにしました。

田舎なので働く場所は限られています。

最寄の駅の近くにある語学学校がスタッフを募集していたので連絡してみました。

学校で働いたことはありませんでしたが営業事務の経験があり、英語が得意だったので無事採用されました。

夫はなぜ私が働きに出たいのか理解できないようで不機嫌でしたが収入が増えることには文句を言いませんでした。

仕事を始めてみると生徒や講師と毎日顔を合わせて会話をするようになり、やっと地域に溶け込めたような気がしました。

時給は低かったのですが得意の英語を活かすことができ、田舎町でもオーストラリア人やドイツ人、フランス人の友達ができました。

身だしなみにも気を使うようになり、仕事帰りに仲間と食事をすることも増え、毎日が楽しくなりました。

結婚しているのに孤独なフランス人

講師のなかで一番気が合って深い話をする仲になったのがフランス人でした。

彼は30代前半で日本人の奥さんと義理のお母さんと3人で暮らしていました。

いつも冗談でみんなを笑わせてくれるタイプなのですが、喫茶店などで2人だけで話すときには悩みや後悔などを教えてくれました。

彼は不妊症で、症状が発覚してからは奥さんや義母から冷たくされていました。

家に帰っても居場所がないと先生の仕事だけでなく夜遅くまでレストランの仕事などもしていました。

結婚しているのに満たされない、孤独感のある2人だったので自然と親密になりました。

2人で過ごす夜が生きがいのように

彼と職場で会うのは週に2回だけでした。

彼と会える日には気合を入れて化粧し、お気に入りの服を着て出勤しました。

夜の9時に最後の授業が終わると2人で居酒屋に行くのがお決まりになりました。

初めて体の関係になったのは11月の寒い日で、帰ろうとすると抱きしめられホテルに誘われました。

エッチの後で大学生のころの話や、兄とケンカしたまま死別したことなどを教えてくれました。

その日は帰りが2時になってしまいましたが夫には飲み会だと言い訳し、怪しまれることはありませんでした。

それからも彼とは1ヶ月に1回はホテルに行くようになり、その日のために生きているような気がしました。

夫と離婚し彼とも会えなくなった

彼との関係は誰にもばれず、静かに穏やかに2年間続きました。

関係を解消した理由は夫と離婚し私が地元に帰ったためです。

夫との関係は時間とともに冷めるばかりで顔を会わすたびにケンカするようになっていきました。

淋しさを分ろうとしてくれない夫には愛情も冷めてしまい、彼のほうも結婚したことを後悔していたようです。

離婚してフランス人の彼と一緒になることも少しだけ考えました。

でも不倫という間柄なので、彼の家族を壊すことはルール違反だと思い何も言うことができませんでした。

離婚が決まってから彼には東京に帰ると告げました。

彼は驚いていましたが、止めたり自分と一緒に残るように言うことはありませんでした。

最後の夜は私の体を見て痩せたと心配していました。

魅力があるから必ず幸せになれると言ってくれたので新しい人生を始めることも怖くありませんでした。

ストレスが溜まり過ぎていて発散するために飲み歩いていて不倫しました

ストレスがたまる原因は同居でした

旦那と結婚してから、二人で賃貸に住んでいました。しかし、旦那の親が自営業をしていて、その後を継ぐためにと言うことで、旦那の実家に戻ることになりました。私は、看護師をしていたので、引く手あまたなので、どこでも出来る職業でしたし、夜勤のこともあるので、実家で同居することにさほど反対はしませんでした。遊びに行くと、義両親はとても良くしてくれていましたし。しかし、甘かったのです。実家に同居してすぐに、私は地元の総合病院に転職しました。病棟勤務なので夜勤もあります。最初の頃は、うまくやっていたつもりでしたが、まずは舅から私の仕事に対して愚痴を聞くようになりました。舅は、昔気質の人なので、女性が仕事をすることをあまり良く思いません。それから、すぐに姑からも同じように愚痴を聞くようになりました。最初は、旦那も私の味方になってくれていたのですが、次第に、愚痴を聞くのも嫌になると喧嘩が増えていきました。子供がいないので、義両親から早く跡継ぎをということを散々言われるようになりました。結婚後三年経っていたので、不妊治療をするようにまで言われました。しかも、旦那(自分の息子には非がないという主張)は仕事なので、お前だけ行けとまで言われました。すごくストレスでした。夜勤だと嘘をついて、友人宅で時間を潰すようになりました。そこで、彼氏に会いました。友人は同棲していたのですが、友人の彼氏の友達でした。何度も、夜勤だと嘘をつくようになり、友人宅で遊んでいると、毎回、その彼が来て、私に優しくしてくれたので、彼と不倫関係になるまでには、早々時間はかかりませんでした。連絡先を交換して、都内で会うことになりました。その時は、本当に都内で勉強会があったので、それに参加するということで、外泊をしました。彼氏も仕事を休んできました。日中は、勉強会に行き、夜はホテルでエッチをしました。罪悪感などはなくて、とても優しい彼だったので、喜びしかなかったです。彼は、結婚はしていなかったです。なので、W不倫ではないのです。彼氏は、私と結婚したいと言ってくれました。私が既婚者であること、私が同居で悩んでいることは、友人宅で愚痴っていたので、加齢も知っているのですが、それでも今は良いと言ってくれましたので、付き合うことにしました。ばれるといけないので、無理をしないこととお互いに約束しました。そこからは、地元に帰っても連絡を頻繁に取るようになりました。

不倫と結婚は違う、責任を持つということの重さ

それから、しばらく彼氏との関係が続きました。家に帰って、義両親に嫌味を言われても、今までだったら悔しくて泣いてしまったこともありますが、そんなこともなく、耳にさえ入れない、入らないようになりました。不倫だと割り切っていても、彼氏がいるというだけで、こんなに穏やかに暮らせるものなのかという驚きの気持ちが大きかったです。しかし、そんな幸せも長くは続きませんでした。彼氏は、5つ年下で、周囲の友人らが恋人とデートしている中で、私たちの関係は所詮不倫ですから、人目を気にしてデートも出来ません、また連絡が来ても、私が家にいたり、旦那といるとすぐに返信出来なかったということで、彼氏の方が不満を持つようになり、ストレスを溜めていくようになりました。最初は、仲良く、こんなに合う男性がいるんだなと思っていましたけど、次第に喧嘩をするようになりました。私の方も、同居だけのストレス以外で、彼氏との喧嘩でもストレスが溜まっていくので、旦那がおかしいと思い、探偵をつけられたようで、そこで彼氏の存在が旦那にばれることになりました。旦那と彼氏と私で話し合いをすることになりました。逆は良く聞きますけど、男二人に私です。旦那は、彼氏にどうしたいか聞きました。彼氏は、結婚したいと言ってくれましたが、旦那も別れるつもりはないと言ってくれました。色々話していくと、彼氏が言い放ちました。「別れたい」と。本当にぼそっと言いました。意地になっていた、優しい自分が好きだったとはっきり言いきりました。旦那は、彼氏にも私にも何も言わずに、その場を離れました。私は、両方失ったんだと思いました。彼氏に「途中からすごく重く感じた、だけど、不倫するってそういうことなんだって思ったけど、無理でした」と言われました。不倫と言う言葉に、彼は酔っていたのかもしれないです。その日は、私はビジネスホテルに宿泊しました。次の日、旦那から連絡があって、迎えに来てくれました。話し合った結果、実家の近くに住むことにしました。旦那を嫌いになって不倫したわけではないですから、と言うと言い訳に聞こえてしまいますが。嫌いじゃないけど、ストレス発散になっていたというのが、私の本音でしょうか。今は、旦那と子供と仲良く暮らしています。時々、義両親も遊びに来ますが、毎日一緒に生活しているわけではないので、ストレスもたまりません。仕事も、子供が生まれたのを機に、夜勤がないクリニックに転職しました。

仕事の出来る上司は魅力的、ついつい不倫となってしまいました

社長にも物が言えるやり手の上司は憧れでした

社内での人事異動先は営業部。私は補助ということでしたが、初めての部署で毎日緊張していました。それまでは比較的のんびりした総務部にいたので、異動先の営業部は朝から晩までバタバタしていて、知らないクライアントも多く、電話を取るのさへ大変でした。

係長や部長も絶大な信頼を置いているのが、営業部の役員です。困った事や行きづまった事なども役員に相談すると、他の役員や常務に話を付けて、すぐに解決してくれる頼もしい人だったのです。社長も大事な会議の前では、うちの役員とまずは打合せをするなど、本当に「やり手」という感じでした。

ホテルに勤めていたこともあったとかで、とにかくフェミニストで優しいのです。そしてそれは、どんな女性に対しても同じ。年齢は50歳半ばですが、同世代の男性は女性に対しての態度が年齢によって違います。若い子には笑って許してしまうのに、30歳も過ぎると意地悪なことを言うことも珍しくない。そんな中で、うちの役員は、私はもちろん定年近い女性に対する態度も同じという、素敵な人だったのです。私も段々と憧れていて、それは強くなって行きました。

不倫のきっかけとなったのは、部内の忘年会です。その日は社長も参加となり、一番下で幹事をやっていた私は緊張の連続。カラオケもデュエットをするなど、本当に大変でした。確かに飲み会が好きな私ですが、さすがに社長と一緒というのは疲れが大きかったのですが、課長や部長は気が付いていないようです。

そんな中、終わって労いの言葉を掛けてくれたのが役員だったのです。酔いも疲れもあって、私は二次会で役員の隣に座った時についつい、自分が役員に憧れていることを告白してしまいました。役員は少し驚いたようでしたが、喜んでくれたのです。それからしばらくは仲の良い上司と部下で数ヶ月過ぎました。

その間、うちの部も大きなプロジェクトを抱えていたので、私も仕事に掛りっきりでした。そのイベントの打ち上げの時に、ホッとしたこともあったのでしょう。役員と二次会三次会といって、最終電車もなくなった私は役員とホテルに泊まって、それがきっかけとなり、社内不倫が始まってしまいました。

1~2週間に一度、会社帰りに待ち合わせをして食事やホテルに行きます。もちろん会社の人には知られたくないので、待ち合わせの場所は最寄駅ではなく、毎回違う地下鉄の駅です。知らない場所で知らない店に入る、スリリングな時間はとっても魅力的でした。

いつまでもやっていられないのが不倫です

社内不倫も2年近くなり、私も30歳半ばとなりました。学生時代の友達も次々と結婚していくのです。このままの関係も難しい・・・漠然とそう思っていました。でも、役員のことも好きだったので、ずるずると同じことを繰り返していました。

よく不倫から結婚と言いますが、私にはそんな気はなかったのです。私が好きな役員は仕事が出来て、やり手で家庭も円満な完璧な人でした。ですから、役員が離婚とかデーダーティなものは臨んでいなかったのです。

そんな時に、私が体調不良となりました。病院で検査を受けると「子宮筋腫」とのこと。まだまだ筋腫は小さいのですが、貧血にもなっているので薬で対処ということになりました。でも筋腫は大きくなります。場合によっては子宮摘出もあるとか。閉経になるまで、つまり生理が終わるまで筋腫は大きくなる可能性があるとのことです。

「子宮がなくなる可能性もある」そう聞くと、急に子供が欲しくなりました。不倫なんかしている場合ではない、早く婚活して子供を作りたい!産みたい!と思ったのです。

役員の彼にその気持ちを伝えました。すると「妻とは離婚するから、結婚しよう」と言ったのでビックリしました。私は彼と結婚したいと思ったこともないし、彼の家庭を壊したくもありません。ただ一緒にいて楽しかっただけなのです。

彼の方は「離婚もすぐには出来ないから待ってほしい」ということも、さらに困りました。私には時間が無いのです。筋腫は段々と大きくなるし、貧血のための造血剤も嫌なもの。女性に優しい役員の気持ちが、少し重くなってきました。不倫を長引かせるのは優しさではありません。

とは言っても、彼は私の上司です。社内不倫って、このままパワハラに発展する可能性もあるのかも・・・と心配をしました。さすがに社内の友人に相談する訳にはいかなかったので、学生時代の友達に相談してみました。すると「大丈夫。会社にばれて失うものが多いのは上司の方。あなたが強く出れば、彼は諦めるしかないよ」とのこと。

そのアドバイス通り、彼にはキッパリ「誰か他の人と結婚したいので、別れる。何かあったら社長に言う」と言うと、彼はやっと「君の幸せを祈っているよ」と言って別れてくれました。その後の婚活で相手を見つけて、半年後には会社を寿退社しました。さすがに彼に披露宴に来てもらうのは抵抗があったので、結婚式は海外で行いましたが、良かったです。子どもも無事に生まれて、彼との不倫は思いだすことも滅多に無くなりました。

不倫は2年が限度でしょう。女性には年齢がありますから、続けていられません。

 

 

 

 

 

不倫相手探しに最適なサイトやアプリを徹底検証して分かった本当のおすすめ

不倫相手探し

不倫をしたい!浮気をしたい!って思っている潜在的な人は実はかなりたくさん存在していると思われます。もちろん実際に行動に移すとなるとまず相手探しからはじめなければならないので、それなりの覚悟も必要です。

男性の場合は仕事の付き合いなどで風俗やらキャバクラなど女性と気軽に交流できる場所がありますが、女性の場合はそうは行きませんね。

続きを読む

不倫の時こそスマートにかっこよく見せたい!大人のクレジットカードとは?

カップル

不倫というと、なんとなく同等ではなく男性の方をできるだけ立てて上げたいと女性は思っています。ですが、どうやっても男性がダサくカッコ悪く見える時があります。

それは・・・支払いの時、楽天カード(通常)を出して「これで!」とか、妙にかっこつけている瞬間などです。楽天(通常)カードだけでもダサいのに、自信もって「これで!」とか言われるともう萎えちゃいます・・・。ここではさりげなく、でもかなりカッコイイ!女性に「うわっ♥この人こんなカード持ってるんだ♥」と尊敬のまなざしで見られる、大人の為のクレジットカードをご紹介していきますので参考にしてみて下さいね!

続きを読む

浮気を隠すのはどうしてなの?バレたくない4つの心理

浮気を隠す

どんなに愛しい人がいても、他の人にも好意を抱いてしまう浮気心。つい抑えられなかった欲求のために、全てを失ってしまうのは…と思うと、気付いたら本能的に浮気を隠す行動に走ることも。

浮気を隠す位ならば、始めからしなければいいのに…。これは誰もが思うことですが、浮気をしてから過ちに後悔することが多いのです。今回は、浮気を隠す心理について一緒に考えていきましょう。

続きを読む

好きな人が既婚者の場合に取るべき行動とは?

好きな人が既婚者の場合

好きな人が既婚者という時には、どうしたらいいのか悩む気持ちもありますよね。好きになった人が既婚者だったと後から分かる場合や、既婚者と知っていて好きになることも。

ではもし好きな人が既婚者の場合は、どのような行動をしたらいいのでしょうか。

続きを読む

不倫の別れを乗り越える心の切り替え方

不倫の別れを乗り越える

不倫は、別れが必ずあるものですよね。しかし、別れられなくて途方に暮れている人もいるのではないでしょうか。もう終わりにしようと一度は心に決めていても、相手の優しさに触れてしまうと心が揺れてしまいますよね。

辞めようと思った時こそが、別れる時なのかもしれません。今回は、不倫を忘れるための心の切り替え方をお伝えします。

続きを読む

既婚者が恋愛をしたくなるのはどういう時?

既婚者が恋愛

既婚者が恋愛をするなんて…と世間からは悪い評価を得るものですが、当人同士はとても真剣な場合もあります。どんな時に既婚者は恋愛をしたいと思うのでしょうか。既婚者が恋愛をしたい…と思う時について、お伝えしていきましょう。

続きを読む

浮気の心理は寂しさから?男性が浮気に走る5つの理由

男性が浮気に走る5つの理由

浮気の心理には何か原因があるものですが、パートナーのことを知り尽くしているつもりでいても、全てを把握出来ないことがあります。相手を責めるというよりも、浮気をされてしまった自分に対して責めてしまう傾向が女性も多いのではないでしょうか。

どちらが悪いというよりも、どうしてこのような状態になってしまったのかを考えることが、2人の今後が関わってきますよね。モテる男性を恋人にすると、女性問題が大変だと耳にしますが、実際に直面してしまうと頭の中が真っ白になりませんか?今回は男性の浮気の心理を、一緒に考えていきましょう。

続きを読む